「レッツゴー万博2025」
カウントダウン4とは

2025年4月の大阪・関西万博開幕にむけ、夢洲のインフラ整備は急ピッチに進んでいます。この万博の開催地「夢洲」で大型イベントが現地で開催できる最後のチャンスとなる2021年に、大阪・関西万博へ向けた機運醸成、さらに万博の成功に向けた試金石として、敷地面積360haの壮大なスケールメリットをいかした、万博の開催地「夢洲」から、未来に「希望」を創り出し、未来に「希望」を送ることを目的に、「レッツゴー万博2025 カウントダウン4 ~夢洲超花火~(4年前)」2つのビッグイベントを企画し開催いたします。

イベント趣旨
イベント趣旨❶万博を知ってもらう「レッツゴー万博2025カウントダウンイベント」
イベント趣旨❷日本最大の悪疫退散行事「日本最大級の花火」
イベント趣旨❸日本最大のドローンショー「800機のドローン」

※ 当実行委員調べ

《 イベント出演者 》

※こちらに掲載の出演者は、ほんの一部です。 ※敬称略

鴨頭 嘉人
イベント総合司会

鴨頭 嘉人

U.K.
イベント総合司会

U.K.

ナタリー・エモンズ
イベント総合司会

ナタリー・エモンズ

マイケルジャクトン
TikTokチーム

マイケルジャクトン

春木 開
インフルエンサー

春木 開

ジャックポット.
YouTuber

ジャックポット.

MAKIHIKA
YouTuber

MAKIHIKA(ウメヒカ)

staRYs*
YouTuber

staRYs*

Lazy Lie Crazy
YouTuber

Lazy Lie Crazy

石原 彩香
17 liver

石原 彩香

岸田直樹Naoking
17 liver

岸田直樹Naoking

あいみん
17 liver

あいみん

mihyang美香
17 liver

mihyang美香

S.Dragon-Er 鈴木龍二
17 liver

S.Dragon-Er 鈴木龍二

ななぷりん
17 liver

ななぷりん

池内 彩夏aya
17 liver

池内 彩夏aya

《 シークレットゲスト 》

※情報公開までお待ちください!

SECRET GEST 02

《 メインイベント 》

①日本最大級800機の
ドローンショー
(イメージ)

②日本最大級
打ち上げ花火

※ 当実行委員調べ

《 イベントスケジュール 》

イベントタイムスケジュール

※イベントスケジュールは予告なく変更する場合がございます。
※無料送迎バスの出発地等の詳細は4月中にHPに記載いたします。
※密を避けるため、ご来場は車でお願いいたします。

さあ、はじまりを、
はじめよう。

今から約50年前、未来に届く輝かしい光が大阪から照らし出されました。

1970年に開催された「日本万国博覧会」、大阪万博です。

世界77カ国が参加し、183日間で延べ6,421万8,770人を動員。日本国内に大きな経済効果をもたらしただけでなく、パビリオン群に集約された最新のテクノロジーが、日本の未来への可能性を明確に示してくれました。

そして時代は変わり、令和へと突入。

1970年の大阪万博から約半世紀の時を経て、2025年に大阪で再び万博が開催されようとしています。

しかし本来なら、開催に向けての期待と未来への希望が徐々に芽生えてくる時期だったはずが、事態は急転……。

2020年から蔓延した新型コロナウイルスの影響により、政府は2度の緊急事態宣言を発出、不要不急の外出の自粛が要請されるなど、日本ならず世界中が未曾有の事態に巻き込まれました。

いまだ終焉が見えないコロナ渦において、このまま黙って見ているだけで本当にいいのか。こんな時期だからこそ行動を起こし、未来への道筋を示すべきではないのか……。

そこで辿りついたのが、

“日本最大級の花火を打ち上げる”

それが“夢洲超花火”です。
ただ美しい花火を打ち上げるだけではありません。

新型コロナウイルスにより無念にも命を落としてしまった人たちの鎮魂のため、夜空に広がる炎で新型コロナウイルスという不浄や悪疫を焼き尽くすため、日々、過酷な環境のなか戦い続ける医療従事者への労いのため、そして、止まった時間を動かし未来に光を灯すための、大きなメッセージを打ち上げるのです。

イベントの中止を余儀なくされ、不本意にも倉庫に眠ることになった花火を全国の花火師たちから買い取り、それぞれの思いと共に、大阪の、日本の底力を、世界中に見せるべき時なのです。

4年後に開かれる大阪万博が、50年前に開かれた時と同じように新しい未来の“はじまり”となるために、日本最大級の花火という「大号令」を発令し、新たな第一歩を私たちが歩み“はじめ”なければいけません。

力を合わせて……。

2019年レッツゴー万博2025「カウントダウン6」

全国の企業、個人、自治体、国内外のイベント主催者とパートナーシップを結び、来場者数、開催エリアを拡大しながら2025年大阪・関西万博の認知を世界に広げる事を目指し、2025年「大阪・関西万博」に向けて事例を共創するカウントダウンイベントとして、2019年11月16日 大阪城公園にて「レッツゴー万博2025 カウントダウン6」を開催しました。音楽ステージ、ラン & ウォーク、B級グルメ、最新テクノロジー体験ブース、総勢30名の未来トークステージなど、楽しみながら未来を知る事ができる、そしてみんなで未来をつくるフェスとして来場者6,000人を超えるイベントとなりました。

イベント概要

名称  レッツゴー万博2025 ~SDGs RUN & FES~
日時  2019年11月16日(日)
会場  大阪城公園太陽の広場
動員数 6,100
後援

2025年日本国際博覧会協会

外務省

経済産業省近畿経済産業局

経済産業省近畿経済産業局

大阪府

大阪市

関西SDGs プラットフォーム

関西SDGsプラットフォーム

関西経済連合会

関西経済連合会

大阪商工会議所

大阪商工会議所

関西経済同友会

関西経済同友会

関西・大阪21世紀協会

大阪青年会議所

大阪青年会議所

Osaka Metro

Osaka Metro

近畿大学

大阪工業大学

大阪工業大学

大阪学院大学高等学校

大阪学院大学高等学校

2020年レッツゴー万博2025「カウントダウン5」

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、世界中が未曾有の危機に直面しました。日本経済も壊滅的な影響を受け、東京オリンピックの延期をはじめ、音楽フェスや地域のお祭りや花火大会など2020年内に開催予定だった大規模イベントは、軒並み延期や中止となり、開催を予定していた「レッツゴー万博2025」イベントも中止を余儀なくされました。

2021年レッツゴー万博2025「カウントダウン4」

2025年に開催する大阪・関西万博にむけ、夢洲のインフラ整備は急ピッチに進んでいます。この万博開催の4年前となる2021年に、大阪・関西万博へ向けた機運醸成、さらに万博の成功に向けた試金石として、敷地面積360haの壮大なスケールメリットをいかした万博の開催地「夢洲」から、未来に「希望」を創り出し、未来に「希望」を送ることを目的に、「レッツゴー万博2025 カウントダウン4 ~夢洲超花火~(4年前)」を開催いたします。

イベント概要

日時 2021年 ※開催日は近日公開
会場 大阪・関西万博開催地「夢洲」
主催 レッツゴー万博2025実行委員会
2025年万博開催地 夢洲で開催!

CONTENTS

【イベント概要】レッツゴー万博2025カウントダウンイベントについて
【社会貢献】中止になった花火を買い取る
【メインイベント】日本一の「花火とドローン」を同時に体験
【企業協賛】万博開催地“夢洲”へ「限定800台」ご招待
【コロナ対策】ウィズコロナ時代の新しい観覧スタイル
【公式記念BOOK】ご協賛者様ご紹介ページイメージ
【組織体制】レッツゴー万博2025実行委員会

スポンサー協賛

協賛申込はこちら(銀行振込)

VIP協賛

特別協賛

ご協賛について
ご協賛について

レッツゴー万博2025実行委員会
大阪府大阪市北区堂島1-1-25 新山本ビル6階